縁起書

 当寺は、薬師如来さま(国の重要文化財に指定されております)と歓喜天さまをおまつりする、天台宗(本山は比叡山)のお寺です。  

 

 開基は今を隔たることおよそ1200年前、延暦24年(805)天台宗宗祖伝教大師のご創建と言われています。大師が唐から帰朝後、宮中において、天下泰平・国体安穏・万民快楽の大祈祷を奉修されたのが我が国初の護摩供です。そして、請来された天台密教経疏500巻及び護摩の器具を桓武天皇に献上されました。     

 天皇は、左大使尾張連定鑑(むらじさだみ)に勅して、この地に伽藍を創立し、経典などを置き、日本初の護摩祈祷道場としました。あたかもこの土地が唐の大東東陽郡烏傷県雙林寺によく似ていることから、正式名称を霊鷲山沙羅雙樹林寺法華三昧無量壽院といいます。弘仁14年(823)、比叡山延暦寺建立後は、その別院となりました。  

 

 永治元年(1141)には、鳥羽天皇皇女綾雲女王が住持し、建久7年(1196)には、土御門天皇皇子静仁法親王がこの寺にて得度され、双林寺宮と称されるなど、皇室とのかかわりも深く鎌倉時代までは、数万坪ともいわれる広大な寺領に17の支院を有していましたが、建武2年(1335)足利尊氏と新田義貞との戦場となり荒廃しました。

 

 青蓮院慈鎮和尚は当山百光院に住職され、有名な和歌「わが恋は松をしぐれの染めかねて真葛ケ原に風騒ぐなり」を詠まれました。

 

 応安6年(1373)国阿上人が播磨国書写山圓教寺より入寺されました。国阿上人は播磨國箸崎の大名箸崎国利の子で、俗名を國明といいました。42歳までは足利家に仕え、書写山に入り、源栄大僧正の弟子となり天台の法脈を受けました。その後、天下の勝地である京都を順拝するときには雙林寺行坊大僧正を尋ねよと源栄大僧正に仰せられ、その法類のご縁によって当寺に来られたと伝わります。代々宮様方が御住職せられる寺でしたので、当時は宮様がおられなくなった無住状態が続き、衰微していたようです。

 

 至徳年間(1384~87)、国阿上人が入寺後は、時宗国阿派の本山東山道場となり、中霊山とも号し、再興されました。後小松天皇の深い帰依もあり、至徳3年(1386)「金玉山」の宸額を賜うに至りました。 その後、火災や、応仁の乱により再び荒廃しました。

 

 中世以降は、桜の名所で知られ、天正12年(1584)、羽柴(豊臣)秀吉が花見の宴を催し、前田玄以に命じて、花樹保護の制札をたてさせました。翌年には、羽柴(豊臣)秀吉により本堂が再建されました。

 

 慶長10年(1605)に高台寺、承応2年(1653)には、東大谷廟の造営にあたり寺領を献上し、規模を縮小しました。明治維新のときに天台宗に復し、明治19年(1886)、円山公園の設営のため、さらに多くの寺領を上地し、今は僅かに本堂一宇と飛地境内にある西行法師ゆかりの花月庵(西行堂)を残すだけとなりました。



天保2年(1831)2月4日 けふは空も長閑なりければ、東山のあたりへ行きて、ここかしこ見回り双林寺にいたる。いと閑静にしてものふりたり。堂も釿目(ちょうな、かんなの意味)のままにて古色なるに、堂のかたはらに松1株ありて法華の松といふとぞ。

  この寺は ならぶはやしもなかりけり 一木の松に青む芝草

  この寺のほとりに西行の古跡とて草庵あり。竹垣・枝折戸など作りたるさまなり。立ちよりてみるにその庵のあるじ、いとねんごろにものし侍りて、釜のたぎりたるにとて薄茶など点て出しぬ。 (国学者・吉村静軒著「旅のおぼえ」)


拾遺都名所図会より
拾遺都名所図会より