ようこそ 雙林寺ホームページへ

京都東山にある天台宗寺院

 金玉山(きんぎょくざん)雙林寺(そうりんじ)は、薬師如来さまと歓喜天さまをお祀りする京都東山にある天台宗寺院です。京都十二薬師霊場第七番札所でもあり、朱印をお渡ししています。
 いわゆる観光寺院ではありませんので、きれいなお庭や墨蹟など観るものはありませんし、博物館のように間近で仏像を鑑ることもできません(開帳はしています)。

 

 そもそも雙林寺は、桓武天皇と天台宗をお開きになった伝教大師さまが平安時代に国家の平和、平安、皇室の安寧などを祈る寺院として建立された寺です。

 その起源を脈々と受け継ぎ伝教大師さま御作の薬師如来坐像(重要文化財)を通して、大いなる仏さまに祈りを捧げていただきたいと思います。本堂内での勤行は可能です。

 

 また、日本最初祈祷道場といわれ、現在も毎月、祈願護摩を奉修しています。どなたさまもご参列いただけますので、どうぞおまいりくださりお祈りいただければと思います。


月例行事

≪毎月≫

●1日    午前11時より 十一面観音祈願護摩

●8日    午前11時より 薬師如来祈願護摩

●第3日曜日 午前11時より 十一面観音祈願護摩

●24日   午前10時より 地蔵堂前にて勤行

※各行事およそ15分くらい前に数珠をご持参の上、お集まり下さい。

※所要時間は、およそ1時間弱です。雙林寺特製勤行儀をお貸ししますので、修法中はお勤め(読経)をお願いします。

※地蔵堂前での勤行は、般若心経をお唱えします。

※いずれの行事も、終わってから茶菓子の接待があります。

お守り、御札の発送も承ります。

 遠方などで、雙林寺にお越しになれない方は、祈祷受付のページより祈祷を受け付けさせていただきますので、お申し込みください。



おしらせ

法味(ほうみ)47号発刊について

天台宗京都教区布教師会発行の法話集「法味47号」が届きました。
ぜひご一読され、普段の暮らしの中での気持ちのあり方や考え方のヒントになれば幸いです。
京都教区の天台寺院で無料配布されていますので、どうぞお求めください。


朱印帳販売について

檸檬色
檸檬色

 京都十二薬師霊場会では唐長製唐紙、瓢箪唐草文柄を使用した朱印帳を販売しています。

 雙林寺では檸檬色を販売しますが、数に限りがありますので、なるべくお早めにお求めください。
 写真ではわかりませんが、模様が金色でキラキラ光り、とても素敵です。

1冊3,000円です。



東山七福神めぐりについて

 かつて「福禄寿」をお祀りしておりましたが、現在、ご尊像は行方不明となっております。

したがいまして、東山七福神めぐり用の朱印も発行いたしておりません。


お願い

 インターネット、古文書などの情報をもとにその確認などで来寺される方がおられますが、歴史の変遷において寺の状況は変化しており、現在はその情報と一致しない場合がほとんどです。

 折角、遠方からお越しいただいても無駄足になる場合もしばしばございますので、予め、メールなどにてお問い合わせくださいます様お願いします。