西行法師ゆかりの「花月庵」

雙林寺 花月庵
雙林寺 花月庵

 西行法師(1118~1190)は、平安末期から鎌倉初期の歌僧で、俗名を「佐藤義清(さとうのりきよ)」といいます。もともと武士の子供で鳥羽上皇に仕えていた北面の武士でしたが、23歳の時、突然出家しました。当然のことながら、妻子や武士としての名誉や出世なども捨て去ってしまい、修行の身となるわけです。
 26歳の時から京都を離れ全国を行脚し始めます。陸奥(みちのく)平泉へ歌枕を訪ねる旅、それから数年の後、高野山に入り、以後30年ほどは、高野山を拠点に諸国を遍歴します。
 また、吉野や熊野にも訪れ、中国・四国を旅し、源平戦乱の時期は伊勢に疎開し、1186年には再び陸奥へ行きます。各地で数々の歌を詠みました。

 その間、歌を詠むことは、心の支えや、悟りに至る手段になりました。その数はざっと2000首あまりです。なかでも約1500首を収めた歌集「山家集」は有名です。ひとつの寺にとどまることなく、弟子を育てることもなく歌僧として、その生涯を閉じました。

 雙林寺へは出家の翌年、永治元年(1141)から、塔頭である「蔡華園院」に止住していたようです。「山家集」(上、冬歌)には、次の一首があります。

  野辺寒草といふことを双林寺にてよみにける
「さまざまに 花咲きけりと見し野辺の 同じ色にも霜枯れにけり」

  また、有名な「山家集」(上、春歌)にある
「願わくば 花の下にて春死なん その如月の望月の頃」

 この歌は、いつごろどこで詠まれたのかは、わかりませんが、西行物語では、晩年雙林寺で庵をむすび修行に明け暮れたことになっており、その庵前の桜や草木のもとで詠まれたのではないかとも言われています。
  文治6年(1190)2月16日、その歌の通り、桜満開の時に没しました。大阪河内弘川寺に墓があります。

 この建物のもとは、天正時代に場所は明らかではありませんが、「蔡華園院」の跡地に建立されたものです。その後、享保21年(1731)に摂津池田李孟寺の天津禅師により、現在の地に移築再興されました。その後、明和7年(1770)、冷泉為村が修繕しました。

 堂中央には、為村筆の「花月庵」と書いてある横額が掲げてあります。為村がそのように命名したようです。

  庵の前に「宮城野の萩」を移植しました。この萩は、西行法師が東北へ訪れたときに、青蓮院の慈円門主に献上しようと持ち帰ってきたと伝えられている御手植えの萩です。

 堂内には、西行法師僧像、頓阿法師僧像を祀りしています(非公開)

 また「不許葷肉入門内」という石碑が出入り門横に建っていますが、「葷(くん)」は、ニンニク、ネギ、ニラなどを指します。したがって、「葷、肉の入門を許さず」という意味です。ところによっては、酒を加えてあるところもあります。つまり修行に必要のないものは、持ち込みを禁止する土地であるということです。

 

◆境内拝観自由(堂内非公開)

◆時間 9時~16時

◆隣接するお茶室(浄妙庵・皆如庵)(花輪様)とは、別になっています。