芭蕉翁仮名の碑

 花月庵前の雙林寺墓地への石段右横に、芭蕉の仮名碑(高さ1.2m・幅45cm)があります。

 芭蕉の門人である各務支考が、芭蕉の17回忌にあたる宝永7年(1710)3月12日に建立したもので、漢字かな混じり文で刻まれていることから、本邦初のかな碑であります。建立から毎年3月12日には、石碑に刻まれている文字の墨を入れ直し供養するという「墨直会」が全国の社中が交替で執行の当番をし、開催されていました。

 東京深川にある臨川寺には美濃派の俳人、神谷玄武が、また愛媛県松山市円満寺には、支考の門人、臥牛洞狂平が建てたという、これを写した石碑があります。


<表面>

我が師伊賀の国に生まれて承応の頃より藤堂の家につかふ。その先は桃地の党とかや。今の氏は松尾なりけり。年また四十の老をまたず、武陵の深川に世を遁れて、世に芭蕉の翁とは人のもてはやしたる名なるべし。道はつとめて今日の変化をしり、俳諧は遊びて行脚の便りを求むというべし。されば松嶋は明けぼのの花に笑ひ、象潟(きさがた)はゆふべの雨に泣くとこそ。富士よし野の名に対して「われに一字の作なし」とは、古をつたへいまをしふるの辞(ことば)にぞ。漂泊すでに二十(はた)とせの秋暮れて難波の浦に世をみはてけん。其頃は神無月の中の二日なりけり。さるを湖水のほとりにその魂をとめて、かの木曽寺の苔の下に千歳の名は朽ちざらまし。東華坊ここに此碑を造る事は頓阿西行に法筵を結びて、道に七字の心を伝ふべきとなり。

 

あづさ弓 武さしの国の 名にしあふ 世に墨染の 先にたつ

人にあらずに ありし世の 言の葉はみな 声ありて その玉川の

みなかみの 水のこころぞ 汲てしる 六すじ五すじ たてよこに

流れてすえば ふか川や この世を露の おきてねて その陰たのむ

その葉だに いつ秋風の やぶりけむ その名ばかりに とささをきぬ

春をかがみの 人も見ぬ 身を難波津の 花とさく はなの鏡に

夢ぞ覚(さめ)ぬる

 

<裏面>

 維石不言(このいしいわず)  謎文以伝(なぞぶんもってつたふ)


芭蕉の弟子、各務支考の獅子門美濃派の歴代の俳祖の碑

•梅花仏 (二世) …各務支考のこと 享和16年(1731)没

•かなの碑     …本邦最初の仮名の碑 宝永7年(1710)建立

•蘆元法師(三世) …延享4年(1749)没

•帰童庵 (四世) …安永9年(1780)81歳没

•朧庵 (五世)      …天明6年(1786)61歳没

•森々庵主(六世) …寛政10年(1798)67歳没

•雨岡 (七世)      …左柳ともいう

 

◆拝観自由

◆時間 9時~16時