雙林寺

 金玉山と号する天台宗の寺である。

 延暦年間(782~805)に尾張連定鑑(おわりのむらじじょうかん)が伝教大師(最澄(さいちょう))を開基に招じて創建したのが当寺の起こりと伝える。その後、鳥羽天皇の皇女入寺などもあって栄え、広い境内と多くの塔頭子院(たっちゅうしいん)を有したが、中世になって衰微するに至った。応永年間(1394~1427)に国阿上人(こくあしょうにん)が再興し、時宗一派の本山となり、東山道場と称したが、応仁の乱後再び衰え、明治維新のとき天台宗に改まった。さらに、明治の中頃、円山公園が設置された際に多くの寺地を失い、現在は本堂の一宇にその名残をとどめるのみである。

 本堂に安置する木造薬師如来坐像(重要文化財)は平安時代の翻波式衣文(えもん)がよく表現されている。

 この地には、かつて、西行(さいぎょう)、平康頼(たいらのやすより)、頓阿(とんあ)などが庵住したと伝え、本堂の南西地には今も西行堂が建つ。また、豊臣秀吉もここで花見の宴を催したという。東山区下河原鷲尾町


駒札(こまふだ)とは…?

京都には、寺院・神社・旧跡等数多くの史跡名勝があります。

それらの由来、沿革、みどころ等を説明する将棋の駒をかたどった立て看板のことです。

正式名称は名所説明立札といいます。

 

◇関連リンク◇  京の駒札