大雅堂旧址

 円山音楽堂の西南角にあり、現在「和光同塵」「大雅堂旧址」としるした石碑が建っています。ここは近世画の名手、池大雅(いけのたいが)の死後、その門弟たちによって建てられた大雅堂の旧址です。

 池大雅は、享保8年(1723)京都洛北の深泥が池(みどろがいけ)の農家に生まれました。23歳の頃には、八坂神社の境内で参詣人に画扇を売る大道絵師になっていました。時を同じくして境内に百合という女性が茶店を出して、短冊などに歌を書いて売っていたのですが、こちらの方ばかりが繁盛し、大雅の画はさっぱり売れませんでした。

 気の毒に思った百合が絵を2、3枚買い求めたところ、あまりにも立派な筆使いに驚き、その才能を見込んで、娘、玉瀾(ぎょくらん)の婿にし、付近の下河原鳥居前(現在の畑中旅館のあたりと推定される)に住まわせることにしました。その生活を営んだ住まいを葛覃居(かったんきょ)と称します。八畳ばかりの座敷に取り次ぎがあるだけの狭い家でありましたが、狭いながらも楽しい我が家であったようです。子供に恵まれない二人は、大雅が三味線を弾いて唄うと、玉瀾は琴を弾じて合奏し、ともに仲良く楽しんでいたということです。

 大雅は、安永5年(1776)54歳で没し、京都西陣の浄光寺に葬られ、妻、玉瀾もその8年後、天明4年(1784)57歳で没しました。

 大雅堂は、玉瀾の死後まもなく門弟たちが大雅の遺品を整理し、その資金を元にして旧居に近い雙林寺境内に建てられました。(現在は円山公園です)私設美術館とでもいったところでしょうか。

 建物は二階建て、階上、階下とも六畳の広さで、別室に金銅製の観音像が安置されていました。しかしながら、明治36年(1903)惜しまれながら取り壊されてしまいました。

拾遺都名所図会より
拾遺都名所図会より

駒札記載内容

ここに江戸中期の画家池大雅(いけのたいが)を記念する大雅堂があった。大雅は享保8年(1723)京都に生れ、若くから絵に志し、生れつきの天真らんまんな性格と相まって独自の文人画を大成した。また書も独特の趣(おもむき)がある。妻も玉瀾(ぎょくらん)と号する画家で、この近くに草庵を結んで夫妻ともに画業にはげんだ。この地はもと雙林寺(そうりんじ)の境内で、住職謙阿もよく大雅の面倒をみ、大雅はここに筵(むしろ)をしいて絵を売ったという。  大雅・玉瀾の没後、門人相まって、木下長嘯子(ちょうちょうし)の歌仙(かせん)堂の遺構を大雅ゆかりのこの地に移して遺品や書画をあつめ、子供のなかった大雅の遺風を伝えるため大雅堂とした。  しかし明治36年公園拡張のため取りこわされ石碑を残すのみとなった。遺品もまた散失したが、大雅堂に安置されていた大雅念持の観音像や「大雅堂」の扁額等は池大雅美術館(西京区松尾)に保存されている。東山区鷲尾町


◇関連施設◇

池大雅美術館

場  所: 〒615-8287 京都市西京区松尾万石町57 TEL 075-381-2832

交通案内: JR京都駅から73系統京都バス、三条京阪から63系統京都バス苔寺下車徒歩1分 阪急上桂駅から徒歩15分