伝教大師童形像

 この御像は、京都二条城北側に所在した少年サポートセンターにお祀りされていたものである。

 そもそも、少年サポートセンターは、昭和28年京都市警察本部が全国初の「少年補導所」を設置したことにはじまる。

 警察は犯罪の取り締まりという状況が定着しているので、「取り締まり」ではなく、「補導」という意味合いを出すため、警察本部の建物とは別に、少し離れた二条城北側に所在した。
 当時は、別荘風の木造二階建ての建物で、庭も広く、大きな講堂のような部屋もあった。少年と対話するにあたり、四角のテーブルより丸テーブルの方が少年が話し易いであろうとの配慮から、丸テーブルが使用されていた。現在その丸テーブルは、真如堂の吉祥院に引き取られ現存している。

 

我れ生まれてより以来、(このかた)
口に麤言なく、    (そごん・荒々しい言葉)  
手に笞罰せず。    (ちばつ・むちで打って罰する)
今我が同法、     (私と同じように仏法を学んでいる者)
童子         (僧侶の見習・少年)
を打たずんば、    (打たない)
我がために大恩なり。 (そのことが、私と志を同じくすること。私に対する大きな恩)
努力(つと)めよ、努力めよ。

 

 少年補導所初代所長である本庄氏は、天台宗を開かれた伝教大師の遺言にあるこの一節こそ、少年を補導する精神であると感銘された。
 昭和30年6月、本庄氏が警察庁長官表彰を受章されたことを記念にその報奨金を以て、「少年」ということで、童形像を作られた。また、当時、保護司をしておられた吉祥院様は、童形像の開眼法要(像に魂を入れる仏教の儀式)に参加された。

 

 童形像は、比叡山の根本中堂の前庭にあるお姿を基とされ、胸元に、心と体の病を治して頂ける、薬師如来様の小像を抱いたお姿になっており、本庄氏の少年に対する心が伺える。

 

 毎年8月18日は、伝教大師のご生誕日で、童形像前にて天台宗京都教区布教師会による宗祖降誕会法要が営まれるようになった。
 昭和40年代までは、布教師のみならず、天台宗京都教区宗務所長をはじめ、多くの京都教区の僧侶が参列し、法要後は講堂で布教師が法話をされ、加えて、少年補導所長も、仕事の内容を講話され、僧侶が拝聴していた。

 その後、時代の変化とともに様子が変わり、政教分離の立場から、昭和50年からは、布教師会役員4、5名が自主的に赴き、庭先を借り、勤行をさせて頂くという立場を取るようになった。その際、少年サポートセンター職員が参列されることもあった。さらには、近隣の他宗の僧侶がこの話に感銘され、法要当日に抹茶をお供えされたりもしていた。
 
 そして、平成22年、少年サポートセンターが移設されことになり、御縁あって、伝教大師が開かれた寺、雙林寺に来られたのである。

 

 現在でも毎年8月18日には、この尊像前にて天台宗京都教区布教師会による宗祖降誕会法要が営まれている。

 

-天台宗京都教区布教師会発行「法味34号」より引用、加筆修正-