プロフィール

 聖天様は昔は猛威を振るって、我が物顔に振舞う大魔王だったのです。人々を悩ます魔であるビナヤカの一族をを率いて暴れまわっていました。苦しむ人々を救うため、観音さまは容姿端麗な女と化身してあらわれます。一目惚れしたビナヤカの大魔王は彼女に結婚を申し込みます。そこで示された条件は悪の心を捨てることでした。

 

 以来、聖天さまは人々を強力にサポートする善神へと変わりました。観音さまの慈愛は聖天さまを救い、人々を救ったのです。

 

 深秘の説には、大宇宙そのものを仏とした大日如来は、金剛界(智慧)胎蔵界(慈悲)の二つの姿で表しますが、これを一つにした、究極に完成されたお姿こそ聖天さまの男女双身のお姿といいます。しかし、秘仏とされ、お姿を拝めるお寺はありません。


  • おなまえ・・・大聖歓喜天(だいしょうかんぎてん) 一般には「聖天さま」とお呼びします。「お聖天さん」「尊天」と言う事も。ちなみに、インドの古い言葉・梵語(サンスクリット)では「ガナパティ」または「ガネーシャ」といいます。
  • おいたち・・・大自在天(シヴァ)様のご子息です。ご兄弟には走りが有名な韋駄天さまがおられます。皆様ともに仏教を信じる人々を守る、護法神となられました。
  • おすがた・・・体は普通ですが頭は象さんです。インド神話では、首を切られてしまったために象の頭を代わりにくっつけたといわれていますが、神々の中でも一番力が強いことを、一番力の強い動物の象で示しているのが実際のところでしょう。
  • おくさま・・・聖天様のお姿は、いつも奥様と睦まじくされている双身像(そうしんぞう)で表現します。奥様はなんと観音さま(十一面観音)の化身です。
  • おすきなもの・・・大根・お酒・歓喜団(餡にお香や果物を混ぜ、米粉で包んで胡麻油で揚げた揚げ菓子。お団) 甘いもの
  • とくいわざ・・・どの神仏よりも強力な現世利益。無理をしてでも叶えるという力技!特に、災難消滅・開運・金運・夫婦円満・縁結び、がお得意です。
  • おすまい・・・インドの奥地、ヒマラヤの彼方にあるという鶏羅山(けいらせん)が聖天さまの国土です。日本では奈良の生駒山・東京の待乳山・四国の八栗や山崎・勝尾が有名ですが、京都は真葛ケ原・雙林寺にいらっしゃいます。

お近くに行かれたら是非お参りしましょう!