回忌法要(法事)のご案内

 先祖供養とは亡くなったご先祖さまに対して、少しでもよいところへ歩めるように、また万一地獄に落ちて苦しんでいるご先祖さまに対して、その苦悩から逃れて極楽の道へ進めるように祈ることです。
  追善は追福とか追薦ともいい、寺の御本尊やご先祖さまに供物を供え、僧侶を中心としてみんなでお経を読むことが、亡きご先祖さまに対して一番の供養になります。そのほかに、親族、知人や僧侶に食事を施すということも供養です。
  しかし、大切なことは、生きている私たちが亡くなった方を忘れてはならないということです。今私たちがこうして暮らせるのもご先祖がおられたからこそです。亡くなったご先祖さまを思い出し、懐かしみ、心から冥福をお祈りしましょう。また親戚一族が集うことで親睦を図り結束を強める、このことも忘れてはなりません。このように心のこもった供養をすることで、あの世のご先祖さまが喜ばれることになります。
  回向とは「回転趣向」の意味で、供物を供えたり、読経をしたり、その功徳をめぐらし転じて、あの世のご先祖さまに対してはもちろんのこと、われわれも幸せになれるようにすることです。供養を含めて世のため人のために働くという善行が回向になるのです。

  法要は初七日から七七日(四十九日)までは七日ごとに行ない、次ぎは百ケ日。

 そして「年忌法要」といい一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌と行います。

 一般的に三十三回忌を弔い上げといって、最後の法事とすることが多いです。暦などに回忌表があるので確認しましょう。

 注意することは、法要は命日に行うのが基本ですが、諸事情で出来ない場合は、命日を過ぎてはいけません。命日までに執り行うようにしましょう。


お申込み

 雙林寺は天台宗に属していますが、宗旨、宗派にはこだわらず、天台宗の法式で法要を執り行います。本堂での法要はもちろんのこと、各御家庭のお仏壇前、セレモニーホール、また、他府県への出張も承ります。

 「付き合いのあるお寺さんがいない」
 「今の和尚さんとはうまく付き合えない」
  「○○霊園に墓地があるので、どこかのお坊さんをさがしている」等など
法事・月参りのことなど、お気軽にご相談下さいませ。

 お布施の金額は特に定めておりません。「お心持ち」で結構です。ただし、会場までの交通費は別途頂戴しますので、ご配慮ください。

 

  申し込みフォームより必要事項を入力し、送信してください。折り返し確認メールを送信いたします。


お申込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です